後援会について

後援会長ご挨拶

新留勇会長
新留勇会長

 

 小磯会長の後を受けて、2代目の後援会長に就任した新留です。

 

 私は、清田選手が鎌ケ谷市立五本松小学校の3年から5年生時の頃教頭をしていました。清田選手は小さい頃からスポーツマンでした。今こうしてプロ野球の選手として、私達ファンに夢と希望を与えてくれる舞台に立つ清田選手の応援ができることを、大変嬉しく思います。

 

 背番号「1」の勇姿が躍動したルーキーの時の頑張り、クライマックスシリーズでの大活躍が印象に残っています。その後入団2年目から「リベンジ」、「翔」、「進化」という言葉に思いを込めて、毎年グランドに立ってきました。不本意で完全燃焼しないシーズンも有ったと思いますが、どんな時でもスマイルを忘れずにファンを大事に前へ前へと前進している清田選手に拍手を送ります。

 

 彼のセールスポイントは『練習量』とプロフィールにあります。誰にも負けない練習量、その努力は必ず報いられる日が来ます。私達後援会も精一杯応援しましょう。

 

 背番号「1」が暗示するように、名実ともに球界「1」になるように、その日を皆で夢見ましょう。

 

 清田選手頑張れ。

2014年9月

 

 清田育宏鎌ケ谷後援会 会長 新留 勇