2014年

12月

24日

「清田育宏選手を囲む会2014」の様子をお伝えします

 12月7日(日)、鎌ケ谷市総合保健福祉センターで「清田育宏選手を囲む会2014」を開催いたしました。当日は真冬の寒さだったにもかかわらず、大勢の会員さまにご参加いただきました。

 

   午後2時。QVCマリンフィールド最終戦の7回裏に出た今季第4号のホームランシーンの映像が映し出されると、会場の大きな拍手に迎えられ、参加者全員とハイタッチを交わしながら清田選手が入場。

 司会は毎回お願いしている、千葉TVの実況中継などでお馴染みの黒澤アナウンサーと、坂倉アナウンサー。会場を大いに盛り上げていただきました。

 開会宣言、後援会長の挨拶に続き、清田選手からもご挨拶をいただき乾杯へと進んだ後は、毎回興味深い話がきけるトークショー。参加者からの質問なども交えながら、今シーズンを振り返っていただきました。


 

 恒例となった「書初め」。参加者に尋ねたり、迷ったりしながらようやく決めた来シーズンへの誓いの文字は、清田選手のトレードマーク「笑」でした。

 


   「似顔絵選手権」と今回初企画の「応援5・7・5」。会員さんからお寄せいただいた約60首の中から、清田選手が選んだ最優秀賞は「最終戦 ファンを泣かせた ホームラン」でした。

 地元中学生の野球選手や、参加した子どもたちとの交流もありました

 

  清田選手との交歓の時間。

テーブル毎にステージに上がり、清田選手と言葉を交わしたり、握手、記念撮影…。笑顔の絶えないひと時でした。

 そして「大抽選会」。賞品は清田選手が使用したジャージ、フリース、帽子、そして大判の清田選手の写真や公式試合球等々。それらにその場でサインを入れて頂きました。当選された方、おめでとうございます。残念ながら当たらなかった方、きっといいことあると思いますので、これに懲りず、変わらぬ応援をお願いします。

 

 

 

 

  このように盛り沢山の内容であっという間の3時間でした。その間ほとんど休みなく頑張っていただいたのですが、終始笑顔を絶やさず、参加された会員さんと楽しい時間を過ごしていただきました。

本当に有難うございました。

お疲れさまでした。

  今年で4回目になった「清田育宏選手を囲む会」。参加者皆さまの、清田選手に対する温かい気持ちが毎回伝わってきて、会を重ねるごとに「清田ファミリーの会」の様なアットホームで寛いだ雰囲気が会場全体を包み込んでいく会になってきていると感じています。

 これからも一緒に清田選手を応援しながら、会員の皆さま方相互の親睦も図っていけるような後援会に育てていけたらと思っています。

 今回ご参加いただいた皆さま、会を盛り上げていただき本当に有難うございました。今回参加出来なかった皆さま、次回こそはご参加いただき、一緒に楽しい会にしていきましょう!